注目の投稿

2019年6月号別冊「大国の大型軍艦」発売中です

軍事研究2019年6月号別冊 は、新兵器最前線シリーズ「大国の大型軍艦」は、ただいま好評発売中です。 日本をはじめ、アメリカ、イギリス、中国、ロシアの新型・次世代の船をフルカラーの写真と詳しいデータで紹介・分析。 また、 2018年11月号別冊 新兵器最前線シリーズ「...

2019年8月21日水曜日

【浜田一穂氏の新刊『U-2秘史』】


 小誌でも活躍中の浜田一穂氏の単行本、
『U-2秘史――ドリームランドの住人たち――』が発売されました。
パンダ・パブリッシング刊
2200円+税

 高高度偵察専用機U-2の開発の経緯と機体の特徴、そしてそのミッションが詳細かつ分かりやすく解説されています。
 後半は1960年の撃墜事件が、アメリカ、ソ連、パイロットの3つの視点から述べられているが、これがスパイ/アクション小説もかくやという面白さ!
 お薦めの1冊。

2019年7月31日水曜日

【またまたまた北朝鮮が弾道ミサイル発射】

 今朝、7月31日早朝、またもや北朝鮮が弾道ミサイルを発射したとの報道が。

 7月25日に続けての発射だが、どうも5月に発射した短距離弾道ミサイルKN-23“キムカンデル”らしい。

 原型の、ロシアのイスカンデル-Mは発射の瞬間、弾体保持リングを火薬ボルトで吹き飛ばすのが特徴のひとつ。
 北朝鮮がリリースした、7月25日の発射の写真にもその瞬間が写っている。
この「キムカンデル」と「イスカンデル-M」については、2019年7月号の小泉悠氏の記事、2019年8月号の鳥嶋真也氏の記事を、ぜひお読みください! 現在、在庫はございます。

2019年7月23日火曜日

【不買運動波及必至!? 韓国軍艦の日本製装備品】

(写真:柿谷哲也)
写真:柿谷哲也

 自身の不透明な貿易行為により日本からホワイト国認定を取り消された韓国は、例によって例のごとく、官民あげて逆ギレ中。
 韓国の一部では日本製品の不買運動も起きているらしい。
 ところで、韓国海軍の揚陸艦「ドクト」の旗甲板の望遠鏡は、韓国が言うところの“戦犯企業”のひとつであるニコンの、Nikon 20×120-Ⅲ。
 誰か不買運動に息巻いている韓国の人たちに教えてやってください…。

写真:柿谷哲也

追記:一部で大好評の、柿谷哲也氏の「58日間ほぼ世界一周取材記」は、2029年3月号、5月号、8月号に掲載!

2019年7月9日火曜日

【映画『ポラロイド』】

©2019 DPC SUB 1A1,LLC
―SNS世代の高校生がアンティークショップで購入した年代モノのポラロイドカメラ。
「シャッターを押すと写真が出てくる」という“新感覚”に夢中となるが、やがて撮影された友人が次々と悲惨な死を遂げていく。
やがて彼女ら彼らは気がつく。ポラロイド写真の被写体の傍らには不可解な“影”が写り込んでいることに―

「電話」「手紙」「ビデオ」「メール(テキスト)」etc、死を連鎖させるさまざまな“ツール”を使って数々のホラー作品が作られてきた。
 そして今回のツールは、このITの御時勢に「ポラロイドカメラ」である。なにやら“一周回って元に戻った”感がある、が。
 しかし!
ネタバレになるので詳しくは書けないのだが、写真へのダメージが被写体に影響する(写真を燃やすと本人も炎上する)とか、死の順番を回避する裏技とかの奇想天外なネタと展開で88分という尺にコンパクトにまとめた、なかなかの快作なのだ。

ポラロイド

原題:Polaroid

配給:ギャガ・プラス
監督:ラース・クレヴバーグ
出演:キャサリン・プレスコット、グレイス・ザブリスキー、タイラー・ヤング、他
88分
2017年、アメリカ映画

7月19日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国公開


2019年6月24日月曜日

【タンカー被弾事件の真相、やったのは誰か!?】

写真:internet
6月13日にホルムズ海峡に近いオマーン湾で2隻のタンカーが攻撃を受けた。

 何者の仕業か? 動機は? 武器は?

 真面目な考察から陰謀論までが飛びかっているが、『軍事研究』でも8月号(7月10日発売)にて、この問題を緊急特集。

 思い込みや無知や誤解~ちなみに「ミサイルや魚雷だったら1撃で爆沈していただろう」なんて書いてあったら、その記事は眉に唾付けて読んだ方がよい。排水量万トン級のタンカーはビックリするぐらい被弾/被雷に強い~を排して徹底分析!

 お楽しみに!

2019年6月11日火曜日

【イージス・アショア、やってます】


 杜撰な説明資料だの住民説明会の最中に防衛省職員が居眠りだのと、なにかと(変な方向で)話題のイージス・アショア。

 もちろん『軍事研究』では当初より、イージス・アショア問題を取り上げています。

 例えば2017年9月号(残念ながら売り切れ)の
ミサイル防衛強化策の本命に急浮上~利口な選択『イージス・アショア』

2018年10月号(在庫あり)の
「イージス・アショア」米国に数千億円も払うのか!?~日本には世界レベルの「FCS-3」がある

2018年12月号(残念ながら売り切れ)の
陸自31年度防衛予算を読む~島嶼防衛とミサイル防衛の二正面戦
北朝鮮の弾道ミサイルに怯えて過剰評価~イージス・アショアは無駄な買い物か!?

 今後も、「果たしてイージス・アショアはロシアや北朝鮮の新型ミサイルの脅威に立ち向かえるのか!」などなど、取り上げていく予定です。

どうぞご期待ください。
 

2019年5月30日木曜日

【『日本のいちばん長い日』】

 毎日午前10時から1作品2週間ないし1週間、約1年にわたって上映する「午前十時の映画祭」、10回目の今年でいよいよファイナル!

 6月以降も、やはり劇場で集中して鑑賞したい『日本のいちばん長い日』、『八甲田山』『アラビアのロレンス/完全版』等々、名作/傑作が目白押しだ!

「午前十時の映画祭10-FINAL」はTOHOシネマズ新宿ほか全国58劇場にて開催中。

 詳しくは映画祭公式サイト http://asa10.eiga.com/ にて!!

八甲田山 4Kデジタルリマスター版
©1977 橋本プロダクション/東宝/シナノ企画

日本のいちばん長い日 4Kデジタルリマスター版
©1967 東宝

アラビアのロレンス/完全版
©1962, renewed 1990, © 1988 Columbia Pictures

大脱走
©1963 The Mirisch Corporation. All Rights Reserve