注目の投稿

2019年6月号別冊「大国の大型軍艦」発売中です

軍事研究2019年6月号別冊 は、新兵器最前線シリーズ「大国の大型軍艦」は、ただいま好評発売中です。 日本をはじめ、アメリカ、イギリス、中国、ロシアの新型・次世代の船をフルカラーの写真と詳しいデータで紹介・分析。 また、 2018年11月号別冊 新兵器最前線シリーズ「...

2016年3月16日水曜日

【北朝鮮が弾道ミサイル弾頭の再突入“模擬”実験】

 3月15日、北朝鮮は
「核弾頭爆発実験とさまざまな種類の弾道ミサイル試験発射の断行」
を発表した。

 さらに注目すべきなのは
「金正恩第1書記が弾道ミサイル弾頭の再突入“模擬”実験を視察」
という発表だ。

 この再突入技術こそが、長距離弾道ミサイル実用化の“肝”であり、軍事専門家が警戒していたひとつであり、弊誌『軍事研究』でも再三再四指摘してきたことなのだ。

なお、これについては軍事研究2016年4月号でも、野木恵一氏が解説しているので
ぜひご覧ください。
出来るか「再突入弾頭」「固形燃料」「小型化」「移動式」 
北朝鮮長距離ミサイル、真の脅威
軍事研究2016年4月号
 

2016年3月8日火曜日

お詫びと訂正(2016年4月号)

軍事研究2016年4月号の顔のページの西田安範氏のお名前に誤植がありました。

163ページ
「西田安範氏」とすべきところを「西田安規範氏」と掲載してしまいました。

誠に申し訳ございませんでした。西田安範氏および読者の皆様にお詫びして訂正いたします。