注目の投稿

新しく分類したラベルにご注目ください

このたび、ブログ内のラベルの項目を増やし整理しました。 ラベル「お知らせ」では、発売情報をアップしていますが、 時事問題や当時のちょっとしたトピックに関連する本誌の注目記事について触れた投稿もまとめてあります。 興味深い記事が載った号が見つかるかもしれません。ぜ...

読者アンケートにぜひご協力ください

2005年7月8日金曜日

月刊「軍事研究」2005年8月号

軍事研究2005年8月号 表紙
軍事研究2005年8月号 目次

表紙写真・JCMミサイルを装備するAH-64D…Lockheed Martin
巻頭言・日本と中国、友好を長続きさせる知恵…志方俊之
〈写真ページ〉
カラー:2010年代! 陸の将来戦闘システム・空の無人攻撃機
モノクロ:
 日本海海戦100年目の海…野口卓也
 海上保安庁観閲式&総合訓練…石原肇
 陸自駐屯地祭・東北の要、多賀城/霞ヶ浦駐屯地/新発田駐屯地…野口卓也

ミリタリー・ニュース

図説『将来兵器・軍改革の大波』(6)
全陸軍モジュラー化改革と旅団戦闘団UA…軍事情報研究会
現用旅団はミニ師団の機能を備えた旅団戦闘団(BCT)三種類/四八個に改編!

北朝鮮の核武装と日本の対応
核爆弾構造テクノロジーと開発シミュレーション
国産による日本核弾頭開発計画…武部憲従
原子炉88基を持つ日本。その気になれば数か月で兵器級プルトニウムが入手できる

むしろ核爆発電磁波攻撃に注意せよ
北朝鮮の対日核攻撃はありえない…高井三郎
北朝鮮の核武装宣言は宣伝戦・心理戦にすぎない。日本核武装論などは愚の骨頂だ

いよいよ日本にも統合幕僚長が誕生か
検証:自衛隊と各国軍の統合指揮体制…野木恵一
陸海空軍とは互いをライバル視するものだが、それを巧く統合運用するコツは何か

マルチロール戦闘機で二機種に集約
2010年代の空自戦闘機戦力…宮本勲
要撃/支援戦闘機の区分がなくなり、一律に「戦闘機」と呼ぶことになった空自!

偵察・監視・電子戦機と空中給油機
民間機ベースの最新作戦機…石川潤一
世界の現用民間機を母体とする軍用機~開発中の最新機体、レーザー攻撃機を解説

災害派遣・国際貢献に必須の装備
移動式野戦病院システム…賀谷眞悟
自衛隊はあらゆる気候風土に対応できる野戦病院システムを早急に装備化すべきだ

核パトロールを抑止力とする三大国
大国の戦略ミサイル原潜(2)…鳥羽利男
英仏はICBMを放棄し、戦略原潜の核パトロールを唯一の核抑止力に据えている

深まる米韓の不協和音
在韓米軍平澤移転とUEX化の完了…石川巖
反対派農民の旗が水田に翻る平澤、北と中国を両睨みできる絶好のロケーションだ

冷戦後、急速に勃興/急がれる法的規制
「民間軍事会社PMC」とは何か…稲坂硬一
日本人要員の拉致殺害事件で耳目を集めた民間軍事会社だが、傭兵とどう違うのか

海保庁拡張案:離島防衛・領土侵犯・国境警備
提言!国土保安隊を創設せよ…清谷信一
海保を中核に自衛隊と警察の各担当部隊・装備を結集し国土保安隊を創設すべきだ

新連載:戦史解題(2)
電撃戦、その誕生と影響…藤井久
「電撃戦」とは戦いの要素すべてにおいて「戦いの速度」を加速させるものだった

欧州戦史紀行シリーズ
ロシア軍事博物館と要塞巡り…斎木伸生
激戦地となった町が都市ではなくなんでもない田舎集落だったりするロシアを歩く

THE WORLD IN FOCUS(39)…菊池雅之
海の狼・Uボートに乗る 『なんて狭いんだ!』

日本の戦史(133)
八原大佐と沖繩作戦(四十八)…大田嘉弘
軍とのかかわりで死んだ者にだけ補償されるという論理を住民たちは逆手にとった

市ヶ谷レーダーサイト:「坂の上の雲」ドラマ化を危惧する
書評:自衛隊・知られざる変容/将軍さまの四字熟語/「坂の上の雲」では分からない日本海海戦/米陸軍軍装入門/戦場のハローワーク/萌えよ!戦車学校
映画:ヒトラー~最後の12日間~/山猫は眠らない―決別の照準―
防衛産業ニュース
軍事研究バックナンバー
顔・防衛庁航空幕僚監部人事教育部長 岩﨑茂将補
(2005年7月発売)