注目の投稿

10月4日、別冊発売のお知らせ(米中ロの最新主力戦闘機)

軍事研究2018年11月号別冊 『米中ロの最新主力戦闘機』 新兵器最前線シリーズ 軍事研究2018年11月号別冊 2018年10月4日(木)発売! 大変お待たせしました。 新兵器最前線シリーズの別冊を発売します。 オールカラー2500円(税込)です...

2011年8月19日金曜日

【シリア大統領に退陣要求】

報道によると、アメリカのオバマ大統領は8月18日、反政府デモ への武力弾圧を続けるシリアのアサド大統領に退陣を要求する声明を発表したとのこと。

この「武力弾圧」が「虐殺」に近いものであることは、『軍事研究』2011年8月号に掲載した黒井文太郎氏による「内戦のリビアと 虐殺のシリア」に詳しい。

それにしても。かつて南ベトナム、王政イラン、中南米等々、“こちら側”の国々ならばいかに愚劣な内政状態であっても支援と支持を続けた1960~1990年代を思うと、まさに隔世の感がある。

なお、9月10日発売の『軍事研究』2011年10月号では、やはり黒井氏によるシリア難民現地ルポを掲載予定。乞御期待!